妊娠してから知ること

妊娠検査薬は使用する時期が定められていますが、わたしの場合、熱っぽくて気だるい感じがしたので検査薬を指定時期より少し早めに使用しました。結果は陽性がでて、それから鈍い生理痛のような鈍痛が夜中何度も襲って冷や汗をかきました。流産の経験もあるので早めに産婦人科にいってみてもらうことにしました。

http://www.djembes.org/

胎嚢がみえて一安心しましたが、中に胎芽がみえるまではまだまだ不安がたえませんでした。それから一週間がたって、やっと赤ちゃんのリングと胎芽がみえたときは感動しました。心拍きこえるまでまだりの可能性があるので、すごく安静に家で生活をしていました。

それからつわりも出始めて食べれるものは果物とビスコとウィダーインゼリーの鉄をのんでいました。また、手軽なグレープフルーツジュースやオレンジジュースものんで、気持ちわるいのをまぎらわせていました。昼間は横になることが多く夜も食べたらすぐねるようにしていました。すると、妊婦検診の血液検査で糖が高いとひっかかりました。

本来は糖負荷検査は妊娠検査後期でやるのですがわたしは初期からやることになりました。更にそれもひっかかり、妊娠糖尿病と診断されました。わたしはBMI値もかなり低く、体重もやせすぎといわれていたので、信じられませんでした。