口臭が気になる場面や場所

近年、現代人の多くが歯周病に悩んでいるという調査結果が発表されました。歯周病で一番気になる症状として「口臭」があげられ、それが露骨に人の表面に現れる場面や場所は多岐にわたります。その中でも一番口臭が気になってくる場所として、室内・密室・狭いの3つの要因がある場所があげられます。

評判以上!ブレスマイルウォッシュ

それらが合わさることによって、相手に対して「口臭がくさい」という印象を植え付けてしまうことになるでしょう。例えば、仕事をしている上で避けられない打ち合わせや社員同士のコミュニケーションについてですが、室内でも離れた場所でコミュニケーションを行えばさほど気になることはありません。

しかし、狭い会議室でさらにはドアも窓も締め切った状態であればどうでしょう。少なくとも目の前の人と隣の人には口臭が臭ってくる可能性があります。そうなった場合、人によっては不快感を露わにする人もいます。仮にそうでなかったとしても、相手に対して「口臭がきつい人」という印象を植え付けられることは明白です。また、もう一つの口臭が気になる場所として「車内」があげられます。車内は、室内以上に狭い場所となり、その分相手との距離も近くなります。その為、普通に話をしているだけで、相手に口臭が臭ってしまう可能性があります。

そうなった場合、先程と同じように露骨な態度、マイナスな印象は避けられません。

以上のことから「室内・密室・狭い場所」が口臭が気になる場面・場所といえるのではないでしょうか。