中国のドラマを見ること

一押しの中国ドラマは「雲衣坊~糸に秘めた恋~」がとても面白かったです。中華民国初年で雲衣坊の店主は仕立ての天才と女性の客がもうすぐ開店前に騒ぐのです。独特審美眼の持ち主で服作りに一切の妥協がないのです。雲衣坊は彼が創立した高級注目服の専門店なのです。

ドクタースティックを徹底検証!健康が気になってきて使用した私の口コミ!

だから瞬く間に要人や夫人令嬢が通う評判の店に急成長をしたのです。新作が出る度に彩雲鎮の外まで大流行をしたのです。着る者が自慢できる上質な服なのです。彼こそがカリスマの服飾界と感じるのです。働いてる女性が店主の着替えを指示するのです。雲衣坊店主の駱胤燃に今日は生地の仕入れの日で制作中の新作に必要な特別な絹糸を買い付けにいくと雲衣坊主任の鹿以菱に言うのです。駱胤燃は約束の物を忘れるなと言ったら鹿以菱が言い返して雲衣録は入手したと安心をさせるのです。

役人が流水侠と言って指名手配と言って追いかけられるのです。流水侠米酒児は目元を隠して走るのです。盗んだ物を貧乏人にある義賊なのです。店の店主が駱胤燃に今度の天香絹は最高級品と言ったら本人が毛羽が立ちやすいと言って買わないで次の店主が言った布は買うのです。流水侠は仲間の男性も目元を隠して二手に分かれることにしたのです。鹿以菱が町で歩いてる時に駱胤燃に何か飛んできてマズいと感じたのです。店主は清潔好きなのです。男の子が僕の砂袋と言って駱胤燃の前で泣いてしまうのです。駱胤燃は男の子に泣くなと言って男の子は砂袋を拾って帰っていくのです。

駱胤燃は見ず知らずの女性とぶつかって倒れてしまうのです。鹿以菱が店主に替えのお召し物があるから店に戻ろとなだめるのです。そうしたら駱胤燃は主任にあの女を二度と私の視界に入れるなと怒るのです。