ピッタリなブラジャーを探して

胸が膨らみだした中学時代に運動部に所属していたこともあり、ブラジャーに関してはかなり無頓着でした。胸はあっても邪魔だし、大きくなって行くのが恥ずかしくて向き合うことをしていませんでした。

http://youkounkoun-radio.com/

経済的に裕福でもなかったので、サイズのあっていない親戚のお下がりのブラジャーを着けていたり、親が買ってきたワイヤーがすぐに出てしまう安物を着けていたりとブラジャーにお金を掛けるのはあり得ないといったような罪悪感をもってすらいました。

そして自分の胸はすごく小さいと思い込み、胸の話になると周りの意識の高さに付いていけず、自ら避けるようになっていました。

運動部を卒業し、ブラジャーを自ら選ぶ年頃になったのにも関わらず相変わらず適当に選んでいた時の事。友達と下着屋さんに行ってみようという話の流れになりました。私はボロい下着をお姉さんに見られるのが恥ずかしく、気が乗らなかったのですが、下着は見られないから大丈夫との後押しを受け恐る恐る下着屋さんに入りました。

すると綺麗で優しいお姉さんが測ってみますか?と声を掛けてくれました。試着室に入りブラを着けたまま測ると、『今のサイズとお胸のサイズが違うみたいなのでピッタリの物を予算内で探してみましょう』と提案をしてくれました。

そこから自分のサイズと胸の形を一緒に探して、ピッタリのブラジャーを見つけてもらい、試着してみると、今まで感じたことの無いフィット感を感じ、谷間ができたことに感動を覚えました。

サイズも2つも上がり今までのバストに対するコンプレックスがブラジャー1つで解消されて、かなり驚きました。

今は引っ越しをしてその下着屋さんには行かなくなりましたが、体型が変化したと思ったら、まずは、下着屋さんに行って測ってもらうことをしています。理想のバストを手にいれる為にブラジャー選びをプロに任せるのはかなり重要だとこの体験を通して実感しています。