髪の毛を洗うようになったのはいつからか?

これは1960年ごろの広告で

「5日に1度はシャンプーを」
1960年頃、カオーフェザーシャンプーの広告キャッチ。たびたび洗っても髪が傷まず、仕上がり感が良い、という内容。当時の洗髪事情が伺えます。

http://www.guadalajaracon.org/

つまり1960年のころにはまだ5日に1度が珍しい位の時代であり、5日に1度やっていてもすごいと言われていた時代で、つい60年前ですがそうだったわけで

毎日髪を洗うようになったのは、毎日するようになったのはごく最近のことなのです。

毎日するようになったのはすごく最近のことになってからで、こういった歴史を見てみると色々と人間と言うものもわかってくると思いますし

見ていくと面白いものがあると思います。

「神聖視される一面も」
頭髪は、単に人体の一部という役割を超えて、神聖視されたり、特別な意味合いを付与されたりすることもあった。旧約聖書の『士師記』においてサムソンは髪を切られたためにその力を失った。現在でも正教会においては、地域によっては気候・習慣等の要因から髪を切る修道士もいるが、修道士は頭髪を切らない事が基本的伝統とされる。

また、芸術作品では悲嘆する場面で髪を振り乱す、髪を掻きむしるなど、髪を使った感情表現が古代ギリシアの時代から見られる。古代の地中海世界では髪は感情や生命力が宿る場所とされ、葬儀の際には死者や参列者の髪を切って奉献し喪に服した。