マスク時代の口臭事情

毎日マスクが必須な現在、今まで気にしていなかった口臭が気になるようになりました。マスクを一日中していることで口腔内がずっと蒸れている状態で菌が繁殖しやすいと思うからです。今、食事中は会話を控えめに、人との距離をとって少人数で食べることが多いですが、どうしてもマスクを取らなければならないとき、自分の口臭は大丈夫かと不安になります。

キラハクレンズ

そこで現在わたしが実施している口臭対策としてまず食後は歯を磨くこと、舌磨きをすること、マウスウォッシュを使用すること、外出先でコーヒーやニンニクなどの口臭の原因になりやすい食べ物や飲み物を控えることを行っています。また、食後にどうしても歯を磨く時間や場所がない時にはミント味のタブレットを食べるようにしています。さらに、マスクをしているとつい口が開いたままになっていることがあります。そのような状態が続くと口が渇き、唾液の分泌が少なくなります。そうなることで口臭が悪化することにつながると思います。そのため、マスクをしていても口をしっかり閉じることを意識しています。

虫歯や歯周病などになることも口臭につながると思います。これらの口臭の原因となるものを作らない為にも歯磨きの徹底や歯医者に定期的に検診に行くことも重要であると考えます。また、少しでも歯が痛いなどの不調を感じた時には我慢せずすぐに歯医者に行った方が良いと思います。歯の磨き方も重要であり、強くゴシゴシと歯を磨くのではなく、優しく、細かく歯ブラシを動かして歯1本1本を磨くように意識しています。歯を強く磨くと歯茎が下がり歯周病のリスクを高めるからです。優しく磨くことで歯や歯茎を大切にし、口臭を防ぐ事が出来ると思います。