年齢を重ねて見えてきた髪質の重要さ

猫っ毛でトップがへたってしまって上手くスタイリングできないことに長年悩んできました。アイロンやワックスなどでトップのボリュームを出そうとしても少し時間が経つとすぐに戻ってしまいます。それでも髪の量は多かったのと、癖が特にあるわけではなかったのでヘアアレンジをして誤魔化してきました。30代になったのをきっかけに前髪を伸ばしてみようと思い、おでこを出すスタイルが増えました。

プレミオール21日間スターターセットは評判以上!私の口コミ体験談や効果などをご報告!

そこで気づいたのですが、前髪の生え際が少し薄くなっているような気がしてきました。元々の猫っ毛でハリが出にくいのに加えて、年齢により更にハリコシが失われて見た目の年齢が上がってしまっていることに気づき、とてもショックを受けました。更に年齢徐々に白髪の量が増えていて、老けていっていることを実感し、輪をかけてショックを受けています。

ヘアカラーをすると色が入りやすい髪質なので、それが楽しくてヘアカラーを繰り返してしまい髪のダメージがひどく、汚くて不潔にも見えるようになり、今まで若さだけでカバーできていた部分が隠しきれなくなってきました。昔は猫っ毛でも周りからパーマをかけたように見えるなど、マイナスな面だけでなかったのですが、この年齢になると髪質のせいで老けが加速しているような気がして毎日焦りながらヘアセットをしています。